HOME > クラスラインナップ > タヒチアンダンス > タヒチアンダンスの種類

タヒチアンダンスの種類

タヒチアンダンスには、主に2種類のスタイルがあります。タヒチアンダンスの世界への理解を深め、楽しく踊りましょう。

アパリマ
アパリマ
アパリマとは?
`Apaはタヒチ語で「踊る」、Rimaは「手」の意味で、手の動きで歌の詩の内容を表現する踊りです。
曲の方は、打楽器やギター、タヒチアンウクレレなどが用いられ、アップテンポのものや、とてもロマンチックなものなど、バラエティに富んでいて、 陽気なアップテンポの歌付で踊られます。
衣装も、ココナッツブラやそれに合わせてレイなどオテアに比べると、とてもかわいい感じのものが多いのが特徴です。
オテア
オテア
オテアとは?
神話や言い伝えや土地について、また歓迎の儀式の時や勝利への精神的高揚のために踊られます。
トエレ(To'ere)と呼ばれるタヒチアンドラムの激しく速いリズムに合わせて、足裏を地面につけ、腰を激しく回転するように振るわせるステップを主に用い、多いときは、1分間に腰を200回以上も振るような激しい動きもあるとか。
華やかな衣装と、激しいダンスのコンビネーションはとてもすばらしいです。
タヒチアンダンスと聞いて、まずイメージするのはこちらの種類の踊りではないでしょうか?

全講座一律1,000円で体験できます! 体験レッスンの日程を選ぶ